iPadをMacモバイルディスプレイすると大画面で捗る

どういう人が読むか

Macbookを持ち歩いてる人でどうしても2画面欲しい人

導入の仕方

それぞれ、MaciPadに専用のアプリ「Duet」を導入する必要があります。

Macはこちら

iPadはこちら

ダウンロード・インストールを済ませて、有線で接続すればすぐに使えるようになります。 最初の状態だとまだ解像度の調整ができてない。タスクアイコンから解像度の設定を変更すれば、iPadなら解像度いっぱいの2048x1536という大画面ディスプレイに変身します。他のiPadだとそれに準じた解像度になるでしょう。

私が持っているMacbook Pro 13inchモデルの画面解像度は2560x1600ですが、スクリーンショットで測ったら1680x1050しかありませんでした。。本体よりも大きい画面で作業できるのは何よりです。 ただ、文字が若干小さいので目が悪い人には少し厳しいかもしれないですね。

MacOS「Catalina」のsidecarについて

2019年秋に公開されるMacOSの新バージョン「Catalina」ではiPadをサブディスプレイ化する事ができるらしい。つまりDuetと同じ機能を標準で実装する事になります。

対応機種が割と新しめのMac(2012年以降のモデル)に限定される模様。8年前のモデルを使い続ける物持ちのいい人は少ないだろうから、そこまで大きい問題にはならないとは思いますが。

もしSidecarが実装されたらDuetは無用の長物になるのかは、Sidecarのでき次第と対応する機能次第ってところですかね。

Raspberry Pi Zero W 購入から導入まで

ラズパイ買いました

こんばんわ、ようやく手に入れる事ができましたからはや数ヶ月。Raspberry Pi Zero W (以降Zero W) Raspberry Pi Zero(以降Zero)が出た時から、小さくて使いやすそうと思ってましたけど、中々売り切れで買う機会を逃してました。

今回、予約販売でZero Wが買えるのでスイッチサイエンスから購入しました。 f:id:yutonihei:20180202013852p:plain

Zero Wがn台でRaspberry Pi 3 Model B が買えるとか言わない。Zero WにはZero Wのいいところがありますので。

届きました

という訳で、ぽちって数日で届きました。 今回はZero Wを使い物にするために、32GBのMicroSDカードも買いました。

前提とする人

  • VNCなどを使わず、コマンドラインだけで設定を行い環境実行する人
  • 初期設定した後、簡単なサーバー用途に利用する人
  • Zero Wを設定するPCはMac前提で書いてます。Windowsでわからない事があったら聞いてください。(もしくはggって)

セットアップその1〜Zero W用のOSをインストールするところまで 〜

ちょっとまとまってないので後ほど書きます。

セットアップその2〜Raspberry piにアクセスするところから最初の設定〜

セットアップについては各先人のブログを参考にしました。 分かる方はsudoを全て消して実行してくれればと思います。

passwd 
sudo apt update
sudo apt upgrade
sudo apt dist-upgrade
sudo apt autoremove
sudo rpi-update
sudo reboot
sudo sh -c 'wpa_passphrase "SSID" "passphrase" >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf'
nano /etc/dhcpcd.conf 
sudo nano /etc/network/interfaces
sudo wpa_cli reconfigure

上から

1. piユーザーのパスワード変更
2.パッケージリストの更新をして
3.パッケージの更新をする
4.インストールされているカーネル(raspbian)の更新
5.不要と言われてるパッケージの削除
6.Zero W自体のカーネルの更新、あとで調べてわかったけど無闇に実行しないほうがいいとの事
7.一回再起動、この後再度ログインしてください
8.Wi-Fiがある環境で無線で利用する際にはこのコマンドを打ってアクセスポイントの情報を登録すること
9.どのLAN機能を使って通信するかの情報を書き換えます。詳しくは下で
10.SSIDのステルス機能を使ってるWi-Fiにアクセスさせるときに必要。詳しくは下で

10.SSIDのステルス機能について

@setouchiさんの記事、家で使ってるルーターSSIDのステルス機能を利用していたのを忘れていたのでこの記事を思い出すまで時間がかかりました。

第二回 Raspberry Pi 3をステルス機能が有効のアクセスポイントに接続させMacからSSHで接続する - Qiita

初めてのハッカソン 〜ニンニク入れますか?〜

はじめに

多分書き上げて公開するのを忘れたのかな。。。って事で上げます。 この記事は多分2018年6月中旬に書かれたものです。

【実績解除】ハッカソン参加

もうすぐアラサーとも言える年齢になってしまうところで、はじめてのハッカソンに参加してきました。 今回参加したハッカソンはこちら。サポーターズさんにはいつもお世話になっています。

supporterz-seminar.connpass.com

今回、私はよく絡んでるサポーターズユーザーの方3人でチームを組ませてもらいました。 できた成果物はこちらです(Herokuに上がってるものはハッカソン後にメンバーの方が再改修からUpまでしてくれました)。

https://jiro-lifelog.herokuapp.com/l

GitHub - Ushinji/jiro_lifelog: # 【ハッカソン】ラーメン二郎をハックする「ジロッカソン」

反省点・気づいた事

1.チーム開発・コンセプトの意識合わせはやっぱり大変

事前にコンセプトについてはディスカッションしてたので、お互いに何したいかは若干分かっているつもりでした。 ただ、内容を程よくすり合わせるのに時間を費やしてしまった感がすごく強かったです。 また、設計コンセプトより細かく突き詰めてしまって、実開発への着手が遅れてしまったというのが反省点かなと思っています。 実際に考えた機能のうち実装できなかったものがほぼほぼだったので、どのくらいが適量なのかを見極めるのは難しいですね。

2.ハッカソンあるある:構築ッソンになりがち

今回、技術的には「Ruby on Rails」「MySQL」を使った構築でいこうという話になりました。 しかし

  • 元環境がボロボロでインストールがうまくいってない方がいた

  • MySQLのバージョン違いの挙動に振り回される

  • そもそもrbenvとRubyのバージョン設定がうまくいかない

などなど、環境構築で3時間くらいもっていかれました。

3.最終的に半分ペアプロ状態に

そもそもRuby on Railsで開発できる人が4人中1人しかいなかった(他はなんとなく見た程度)ので、やりかたのほぼほぼを教えてもらいながらコーディングする、ペアプロ形式になってしまっていました。とても申し訳無かったです。 でも、今までペアプロ自体をしてこなかったので新鮮みがあるのと、教えてもらえるのにすごくありがたみを感じました。

他の参加者の発表を見て

一応、ジロッカソンなのでテーマとして「二郎へ愛」「プロダクトの完成度」「新規性・革新性」の観点から審査がされていました。 今回の参加チーム数は20。その中で約半数のチームが初心者向け(二郎のマナー・コール)のプロダクトを発表していました(二郎は初心者にはハードルたかいですもんね)。 そして、AR・VRを活用したアプリのが2・3チーム、スマートフォン向けのアプリがも半数くらいと、今のスタンダード・トレンドをしっかり押さえてるチームが結構多かったですね。

そんな中、最優秀賞をとったのは「写真映えの良い二郎を撮ってクーポンがもらえる」というものでした。実用性もあり、見た目の印象から興味をそそられるいいアイディアだと感じました。

今後に向けて

メンバーAさん「仁瓶さんこれでRoR出来るって実績ついたね!」 私「アッハイ」

7割方考えを話したり見てたりして、キーボード触ってコーディングしてたのが1時間あるかどうかだったので、そう言われると非常に自信がないです。 ただ、自分の中の取っ掛かりとして一つ持てたような気がします。 CSSとかデザインの勉強はさておきになりますが、RoRでどこに何をがわかった気がしてるので少し分かった(≠成長)ので復習がてら何か作らないとと思った週末でした。

もくもくとか発表をしてる話

はじめに

この記事は 貴族会 Advent Calendar 2018 の12/21の記事です。 今回は空いている枠を埋めにいきます。笑

もくもく・LTしてる話

最近、いろんな場所でもくもく会に参加したり、突発的にLT(ライトニングトーク)に参戦しています。仁瓶です。 記事の内容とは関係ありませんが最近 二瓶 と間違われます。二瓶じゃないです 仁瓶 ですのでそのところよろしくお願いします。笑

もくもくがいい理由

もくもく会によってですが、色んなスキルセットの方が集まっています。 もしその場に知っている人がいたら聞いたりする事ができる可能性があります。 あとは自分だけだとやらないようなタイプの人や、家から出て気分転換して作業をしたい人にはおススメかなーと思います。勉強会によっては会費が無料だったりするのでカフェや有料のコワーキングスペースを利用せずに気分転換できます。

もくもくで注意したいかなーな点

もくもく会って名の如く黙々と作業している人が多いイメージなので、途中であれこれ騒ぎ出すのはマナー的にあまりよくないのかなーと思いました。わからない事があって質問しあったりしてるのならいいのですが、途中から白熱して討論会になったり最悪のケース雑談になったりしてる会があったのでそう感じました。

行ってみたいもくもく会、場所

貴族もくもく:貴族会で月1目安に開催されてるもくもく会です。次回の日付は未定ですがきっと参加します。

メイプルもくもく:毎週日曜にメイプルシステムズさんで開催されているもくもく会です。最初と最後のガイダンスや成果報告会が和やかで良い会です。

Hacker's GATE もくもく会:毎週木曜にウィルゲートさんでやってるもくもく会です。知り合いの方が何人か参加されてるとの事で来年行ってみたいなと思っています。

AWS Loft:AWSアカウントを所持していると無料で入場可能なコワーキングスペース。平日しか空いてないのでまだ行けてない。。良い場所らしいので有給の日に行きたいですね。

Yahoo! Lodge:永田町駅付近にある、Yahooさんのコワーキングスペースです。こちらは終日大人気で朝早くに行かないといい席が取れないです。見晴らしは最高。

とらLab:とらのあなさんのコワーキングスペース。平日の夕方から夜、土日の午後から夜までやってるそうです。こちらはエンジニアである事が条件らしいです。

話変わってLTの話

最近、コミュニティーのスタッフとして、5分程度のガイダンスを行ったり、突発的にLTに参加したりしています。

LTの良い所

LTでアウトプットができる、自分のやった事を簡潔にまとめられる練習の場である、以上!

LTであまりやらない方がいいこと

スライドを50も60も用意しないこと。大体のLTは5分程度だと思うので(長い所でも10分?10分はセッションになるはずだけど)、10枚程度に抑えて喋るのがいいんじゃないかなと思います。

あとは何も考えず・練習せずで参加は避けた方がいいかなと思います。慣れてる人なら問題はないと思いますが初めての人は緊張するかと思います。友達相手や個人練習でもよいので一回通してみると喋りにくいポイントや時間の長短がわかるかと思います。

最後に

もくもくとLTでのOutputを通じて貴族になっていきましょう。

2018年を振り返ってと2019年にむけて

はじめに

この記事は 貴族会 Advent Calendar 2018 の12/19の記事です。 投稿日から何日かすぎての掲載ここであやまります、すみません...!!(3回目)

社会人3年目

社会人も早いもので3年目になりました。かと言って仕事上の後輩っぽい後輩ができる訳でもなく、常駐先で協力会社の方々と仕事を進めていました。 SESの形態を選択して3年(前職は正確に言うと特定派遣ですが)ですが、このSIer業界に来て色々な視点が変わって自分の成長につながった1年だったと思っています。

趣味とか

Vtuberとか

去年末からのVtuberの波を楽しんでましたね。 オススメは書ききれない位たくさんですが、今ぱっと出てきたのは兎鞠まりちゃんと宗谷いちかちゃんですかね

www.youtube.com

www.youtube.com

兎鞠まりちゃんについては おじさん です。恋声っていうWindows用のボイスチェンジャーソフトを使って声を変えているそうです。最近はVT-4という機材を買って使ってるとか。

宗谷いちかちゃんは 有閑喫茶あにまーれ というグループVtuberの一人です。アホ元気な所が好きですね。笑

その内自分もVtuberしてみたいなぁとか思ってみたり思わなかったり。

サバゲーとか

今年は記憶してる限りつい先日23日(記事とアドベントカレンダーがあってないのでアレ)にしてきた位です。 サバゲーやってないからというせいか、運動不足を痛感しているので、来年はもうちょっと遊びに行ければと思います。

ガジェットとか

Amazonの履歴を見ると今年もいろんなものを買いましたね。 一番インパクトが大きかったのはiPad+Apple pencilの組み合わせですね。iPadでペンで文字を書けるのは新鮮ですし、仕事でも大活躍でした。

その他には先日記事にしたMint60とか、記事には書いてないはずのRaspberry Pi Zero Wとかワイヤレスイヤホンの Mpow S9とか、スタンドデスクも買ったし加湿機能付き空気清浄機買ったり、Macbook proやiPhone8、スタンディングデスクやら...色々買ってるのにレビュー記事かけてないのは勿体無いなぁと思う位色々買ってましたね笑

コミュニティ

今年一番大きかったのはサポーターズCoLab貴族会での活動が結構大きかったのかなと思っています。この2つのコミュニティへの参加を通じて、1回目の転職の理由の一つ「エンジニアの集うコミュニティへの参加」が充分にできたと思っています。

その活動の中でこの記事のアウトプットなど次の方向性が定まりつつあるのは自分の傾向としていい影響だと実感しています。また、それぞれのコミュニティには課題がありそれにどの様に対処するのか、コミュニティとはどうあるべきでどの様に運営していくべきか、を考えさせられるいい機会だったと思っています。

来年に向けて

年始めから「転職したい転職したい」と言って何も動けてないので動きます。バイクの二輪免許は最近通い始めたので3月までに普通免許は取得できると思います。エンジニアというよりコーダーとして、もう少し成果物としてのアウトプットを出していかなければと思っています。

また、来年はダイエットも兼ねてフルマラソンに挑戦してみようかなと考えています。まずまず3月までにどの位走れるようになるか、で次のステップに進めるかという感じでしょうか。

来年の8月で都心に来て2年になります。今の家に住んで思ったのは終電が遅くて2次会・3次会までいくと大変だという事を実感しています。なので引越しもしたいなぁ。。。貯金の意味も兼ねてイベント参加を控えなければと感じています。

さいごに

今年の振り返りもして、来年の目標も立てて、自己を省みる事ができた気がします。来年もう少しブログ書いていけるように(ネタはあるはずなので)頑張っていきたいと思います。

PHPカンファレンスに非PHPerが行って楽しかった話

はじめに

この記事は 貴族会Advent Calendar 2018 の12/17の記事です。 投稿日から2日すぎての掲載ここであやまります、すみません!!(2回目)

そもそも非PHPerが何故?

さて、タイトルの通り PHP Conference 2018 - #phpcon2018 に参加しましたが、そもそも仁瓶は非PHPer。何故参加したんだろうという話になります。 友人にPHPerの人たちが結構多く、そのほぼ全員が「ぺちこん(PHPカンファレンス)は楽しいからおいでよ」と誘われたからです。笑 話を聞いていくうちに、PHP関連じゃないセッションがあったり、スタンプラリーの 抽選会 があるとの事で興味がわいて参加しました。半分現金な奴ですね。

各セッションの参加した感想

苦手!!フレームワークを克服するには

元々が素のC言語を触っていたので、IDEやらFWやらの耐性が無かったので聞きに行きました。 フォルダの構成、ちゃんと覚えたい。 サイトや自分で調べものしたほかに、古くなる覚悟で本は1冊手元にあった方が読みやすいし勉強しやすいなーと思いました。

​ 技術者が企画力を上げたら鬼に金棒。プログラマー向け企画書の書き方

エンジニアというよりも企画とか営業系の話。 ただ、スライドや企画を発表するっていう観点だと割と重要な要素だなー。と思って聞いてました。 自分は書いたり喋ったりが冗長化してて「長い!」と言われる位苦手なので注意したいと感じたセッションでした。

Webサービスを育てるための組織作りと文化作り

​参加しているコミュニティの事を考えながら聞いてたので、Webサービスに限らずの内容でとてもためになりました。 その中であった言葉が、

プレイヤーの本質は問題解決
マネージャーの本質は問題提供

私は問題を見つける事の方が多いので、もしかしたらマネージャーの性分の方があってるのかなーと最近友人から言われる事を考えながら聞いてました。​

おまけ:スタンプラリーの結果

各セッションに参加する前に、受付会場にある各社のブースにお邪魔しました。ありがとうございます。(全然写真撮ってない) その時に同時にスタンプラリーも開催していました。で、その集めたスタンプで抽選会に参加したわけです。 Oculus Goとか開くバッグminiとか物欲センサー働いて当たらなかった 抽選回数5回で当たった成果の一部はこれです。 特製ルービックキューブ×2 本 特製スマホリング(写真にない...) カオナビさんマークのコーヒー が当たりました!

3冊選べて悩んだのですが、直近で触りたい言語がGolangだったので写真の本を選びました。

まとめ

ぺちこん、非PHPerでも楽しめたのでおススメです。いったことない人はぜひ来年行きましょう! または、ぺちこんは各地でやってるみたいです。

phpcon-sendai.net

旅行気分ついでで参加するのも面白いかもしれませんね。

キーボード談義〜自作キーボード・Mint60はいいぞ編〜

はじめに

この記事は貴族会 Advent Calendar 2018の12/14の記事です。 投稿日から2日すぎての掲載ここであやまります、すみません!!

イントロ

今年は暖冬だと聞いて、年末年始にスノーボード行けるかどうか心配している仁瓶です。 今日は先日参加した 貴族会@connpass #2|貴族LT大会 でLTをさせていただきました。

後ほどと言いながらまだスライドを上げられてない。SlideshareKeynoteで上げられないのでGitpitch化してUpしますね。

自作キーボードの話

自作キーボードとは何かですが、キーキャップからキーの一つ一つまで自分でパーツを集めて組み立てるキーボードになります。 下記のリンクからたどってもらえばわかりますが、多種多様なキーボードがあります。

自作キーボード - Google 検索

自作キーボードのいいところ

オリジナル性がある

まず、自分で一から作る素材を決めることができるので、自分オリジナルなキーボードが作れます。

市販されてない形のキーボードが作れる

普通に市販されているキーボードと違う形のキーボード(正方形型にキーが並んでたり、分割するキーボードだったり、手に優しい形状をしたキーボードだったり)を作ることができたり、一部だけをカスタマイズしたり(エンターキーを音のするキースイッチにしたりとか)する事が容易にできたりします。

作るものによっては身体に優しいキーボードも

エルゴノミクスデザインのキーボードや分割型のキーボードで自分好みのキーボードを作る事ができます。

Mint60とは

Mint60とはゆかり さんが頒布している自作キーボードのセットになります。

今回初めて自作キーボードを組み立てました。

yushakobo.jp

eucalyn.hatenadiary.jp

なんでMint60を選んだか

私がMint60を選んだ理由としては

  1. 静音赤軸を使いたい
  2. 分割型キーボードがほしい
  3. US配列のキーボードがほしい

の3つがあげられます。すでに2つの条件をクリアした商品は何点かみかけたのですが、上記の3点を全部クリアした商品を見かけなかったので「ないのであれば作ればいい」の精神に則ったMint60をチョイスした次第です。

作ってる最中の画像とか

f:id:yutonihei:20181216175423j:plain
Mint60セット
f:id:yutonihei:20181216175528j:plainf:id:yutonihei:20181216175539j:plain
入ってたキーキャップ(とおまけのピンクキーキャップ)
f:id:yutonihei:20181216174023j:plain
基板にダイオードをはんだ付けした後
f:id:yutonihei:20181216173940j:plain
Mint60 完成状態

組み立てて思ったこと

実際に完成状態まで組み立てたのですが 1. スタビライザーがカチャカチャ音がする 2. キー配列を一部変更したい 3. Promicroを取り外ししやすいようにした方が良かった などなど、作った上で見えた課題がいくつかありました。 上記に対する対応策は既に見つけているので、後々改造をしていきたいと思います。

おわりに

とりあえずキーボードが完成して良かったと思ってます。ぜひ興味がある人は作ってみませんか?